三日月のおしゃべり

日々の出来事や気づきを綴っています

2018年を振り返って

f:id:Luna_creciente:20190101002843j:plain

あと少しで2018年が終わろうとしています。


毎年、あっという間に一年が過ぎて行きますが、中には、どのようなことがあったのか記憶に残らないほど、何となく終わってしまった年も、少なからずありました。


今年は、やはり母の病気のことが、一番大きな出来事でしたが、それ以外にも、色々なことが起こり、自分は呪われているのかと思ったほどです。


しかし、それら全ての出来事は、最終的にはよい結果で終わっているのですよね。


それなのに、良いことより、悪いことの方が強く印象に残っているなんて、どれだけネガティブな人間なんだと、苦笑してしまいます。


f:id:Luna_creciente:20190101005549j:plain

2018年は、意識して自分の思考の癖に向き合ってきた年でもありました。


次々に起こる、「悪いこと」と思われる事も、それに対して自分がどう考えるかで、自分の気分も、自分が見ているものも変わってくることを、少し理解したような気がします。


また、起こる物事に対して、自分ができることと、できないことがあり、できないことに対して、どうにかしようとすることは、自分を苦しめ、物事をややこしくしてしまうことに繋がるということも、わかってきました。


どうしようもないことは、何もしないのが一番です。


そんなことに、モヤモヤしている暇があるのなら、自分のできることに集中したほうがよいということですね。


このようなことを意識して実施していると、焦ったり、不安になったりする気持ちも治まってきて、少し楽になります。


楽になると、考えも前向きになり、少しずつ良い方向に進んでいくはずです。


このように考えていたら、2018年は、意外に良い年だったと思えてきました。


全てに感謝です。