三日月のおしゃべり

日々の出来事や気づきを綴っています

カネノナルキ復活! 意外に育て方は簡単みたいです

今日も寒いのに、日差しがあるところは、暖かで気持ちが良いです。

 

先日、庭の片隅に、カネノナルキの鉢を発見。

実はこれ、ずぼらな私が枯らしてしまい、外に放り出してそのまま忘れていたのです。

 

カネノナルキを枯らしちゃったら、お金持ちにはなれないか、と、ちょっと自己嫌悪に陥りながら、日の当たらない庭の片隅に放置して、あれからもう数年経っていると思います。

 

でも気が付いたら、なんと、また葉が付いていて、隅っこでひっそりと生きていたのです。

 

かわいそうだから日の当たる場所に移動させました。

 

f:id:Luna_creciente:20190120144725j:plain

 

下の方に緑色の葉が沢山出てきて、上の方の枝は、茶色のような灰色のような色になり、しわしわで、触るとポロリと取れてしまいました。

 

取れてしまった葉を、そのまま土に埋めてみたところ、今も枯れずに、ずっと緑色のままなので、こちらも、どうやらまだ生きているみたいです。

 

f:id:Luna_creciente:20190120144810j:plain

 

 カネノナルキは、観葉植物のイメージから(本当は多肉植物だそうです)、そんなにタフな植物だと思っていなかったのですが、実は、耐暑性が強く、耐寒性もあり、育てるのが簡単だそうです。(それなら何故枯れてしまったのですかね?)

 

それに、薄いピンクっぽい色の花が咲くのですね。

今まで咲いているのを見たことがなかったので、見てみたいです。

 

せっかく生きているので、これからちゃんと育てようと思って調べてみました。

 

カネノナルキの育て方

・好きな場所は、風通しのよい日光のよく当たる場所。

・水やりは、春~夏は、土の表面が乾いてから数日後に、鉢底から水が流れるくらいたっぷりと水をやり、秋~冬は月に1、2回。

・基本は暖かい場所が好きなので、5℃前後になったら室内に入れる。

(まだ外にだしっぱなしです!)

・秋~冬の間は肥料をやらなくてよいが、春から夏は、固形の肥料を株元に置くか、液体肥料を月に2回程度与える。

 

そんなに難しくなく、私にもできそうな気がしてきました。

 

この子を立派に育てたら、金運も上昇するかも!と、ちょっとワクワクしています。

風水的には、南東に置くと良いのですね。

 

家中、花や観葉植物で綺麗に飾っている、オシャレな生活は素敵だな、と思いますが、面倒くさがり屋の私には無理です。

せめて、このカネノナルキに花を咲かせて、またここでお披露目できればと思います。